外壁塗装でクーリングオフを利用する事は出来るか

外壁塗装でクーリングオフを利用する事は出来るか

外壁塗装はその広さによっても料金は違いますが、決して安い金額で簡単に施工できるというものではありません。大きなお金が動く事になるので、施工の際には事前に業者との契約を締結させておく必要があります。ただ、その途中でもし気が変わった場合、クーリングオフは可能なのでしょうか

そもそもクーリングオフとはどんな制度化

クーリングオフとは、その契約が締結されてから一定の期間内であれば、消費者が業者の許可を得る事無く一方的に契約を解除する事が出来る制度の事を言います。通常契約締結後は一方的に解除する事は出来ない事になっていますが、訪問販売や割賦販売などで消費者が被害を受けてしまう場合が多い事により、アメリカやヨーロッパでこの制度が始まりました。日本でも同じ様にこの制度を利用する事が出来るようになっていますが、結局のところ何が対象になっているか分からないと言う人も実は少なく無く、制度自体を知らないと言う人もまだいる状態です。

外壁塗装にクーリングオフは適用できるか

クーリングオフ自体は割賦販売に対して利用できると言う事は知っている人も多く、中には訪問販売に対しても利用できると知っている人もいます。ただあくまでも「販売」と言う名前がついて居る為、何か商品を購入する為に契約した場合に限り適用される物と言うイメージを抱いている人も少なくありません。ただ実際には外壁塗装でもクーリングオフは可能となっており、必要ではない契約をしてしまった場合は一定期間内であれば解除の申したてをする事は出来るようになっています。そうする事によって外壁塗装に関するトラブルを未然に防ぐ事が出来ています。

何故この制度が必要なのかを知ろう

外壁塗装は高額な場合が多いのですが、実は自宅に急に業者が訪問して来て無料検査をすると言ってくる場合も少なくありません。そしてその検査をしてもらった所、塗装をすぐにする必要があると言われ、結果的に高額な契約を結ばざるを得ない状況になっている人もいます。クーリングオフの制度を利用する事ができれば。消費者が無理やり契約を結ぶ事になった場合でもその契約を解除できる為、トラブルを未然に防ぐ事が出来るようになります。外壁塗装に関する悪徳業者の訪問は現在でも少なくありませんが、この制度を利用して救われている消費者模大勢います。

まとめ

クーリングオフは商品購入以外にも外壁塗装等のサービスを利用する場合にも利用できる制度です。またこの制度は8日以内であれば工事が始まっていても適用されるので、手続きをすれば工事前の状態に戻して貰う事ができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

外壁塗装の業者の質は様々だから、選ぶポイントを知っておこう
外壁塗装の依頼は成功体験談を参考にしよう
自宅の外壁塗装を依頼した際の失敗談
外壁塗装を業者に依頼する場合の適性費用は
外壁塗装を依頼する業者探しは一括見積もりで
外壁塗装の施工にはどのような種類があるか
外壁塗装の必要性がわからない、判断に迷ったときにとるべき行動とは
外壁塗装業者選びでは、「保証」も重要なポイントです
せっかくの外壁塗装、家の色をツートンカラーにしたいときには
業者を見極める際に、外壁塗装の作業手順を知っておく事は有用です
外壁塗装を塗装会社に依頼する時に失敗するリスクを減らすための注意点は
外壁塗装の工事で実際にトラブルになる出来事。
外壁塗装を行うことのメリットについて
外壁塗装は費用対効果で選ぶべきもの
外壁塗装の悪徳業者の見極め方とは
外壁塗装の塗り替え時期はいつが良いのか
外壁塗装の工期の目安はどれくらいか
外壁塗装はお試しサービスを利用しよう
マンションの外壁塗装を考える時の注意点
外壁塗装、優良業者の特徴を知って上手に選びましょう
外壁塗装を施し雨漏りを防いでいきましょう
外壁塗装を行う場合の坪単価はどこの程度なのか
外壁塗装の際に放つ臭いの対策方法
キャンペーンでお得だから契約するのは危険かも。外壁塗装の相場とは