外壁塗装の塗り替え時期はいつが良いのか

外壁塗装の塗り替え時期はいつが良いのか

新築の家に住み始めて7、8年も経つ頃になってくると外壁塗装の会社から営業の電話がかかってきたり、訪問営業をされたり、投げ込みのチラシが多く投函されたりして、そろそろ外壁塗装の塗り替え時期なのかなと考えるようになると思いますが外壁の塗り替え時期はどのぐらいの時期で行うのが適切なのでしょうか。

塗装の塗り替えはどこかでしないといけない

記事のイメージ画像

戸建住宅の外壁塗装はどこかのタイミングで必要になってきます。それは半永久的に使える素材というのは存在しておらずなんらかの修繕が必要になります。外壁の素材は様々あって窯業系のサイディングと呼ばれる素材コンクリートを壁に塗るモルタルという素材金属系のガルバニウムという素材ベースとなるサイディングの上にタイルや石の素材を貼る場合など外装の方法は多岐にわたりますが外壁の素材はタイルや石の素材でない限り、基本的に塗り替えが必要になります良いタイミングの塗装によって外壁を正常に保護し続ける事が結果的に、雨水を防ぎ家自体も長く保全することにつながるからです。

塗り替えしないと外壁が劣化して雨水が侵入してしまう

外壁の表面は塗料で皮膜をされています。その塗料は太陽光や雨などで劣化してしまいます。そうすると本来持っている壁の素材を保護する機能がなくなってしまいます。塗料が壁を保護できなくなると、壁の素材が雨水を吸ってしまうようになり水の吸収と日光による急激な乾燥によって傷みが加速し壁の割れなどができてしまいます。それが進むとでは壁自体を取り替えないといけなくなってしまい。塗装をするよりもかなり大きな費用を要することになります塗装のコストを考えた時に腰が重く動けないで塗り替え時期を逃してしまうと、より大きなコストがかかってきてしまう事になりがちです。

塗り替え時期を逃さないためには

ではいつが塗り替え時期として適当なのでしょうか基本は塗料が劣化を始める直後が良いタイミングです。その目安となるのが、壁を手で触れた時に粉のようなものが付き始めたら塗り替えを考える時期になります。その粉は劣化した塗料が外壁から乖離してきたものなので、この状態が続くと自然に雨が壁の素材に直接当たるようになってしまいます。それを防ぐためにもそのタイミングで塗り替えをして、外壁の表面にもう一度塗料で皮膜を塗るという事が必要になってきます。そしてこの塗料の劣化の進捗具合は、最初に塗られた塗料の厚さや家の周りの環境によって違いますが、8年~15年ぐらいが目安となります。

まとめ

外壁の塗り替え時期は、業者の言いなりではなくて自分でも自分の家の状態をチェックする基準を持っておく事が必要です。家を守るためにも、家の維持のためのコストパフォーマンスを高めるためにも、ちょうど良いタイミングでしたいものです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

外壁塗装の業者の質は様々だから、選ぶポイントを知っておこう
外壁塗装の依頼は成功体験談を参考にしよう
自宅の外壁塗装を依頼した際の失敗談
外壁塗装を業者に依頼する場合の適性費用は
外壁塗装を依頼する業者探しは一括見積もりで
外壁塗装の施工にはどのような種類があるか
外壁塗装の必要性がわからない、判断に迷ったときにとるべき行動とは
外壁塗装業者選びでは、「保証」も重要なポイントです
せっかくの外壁塗装、家の色をツートンカラーにしたいときには
業者を見極める際に、外壁塗装の作業手順を知っておく事は有用です
外壁塗装を塗装会社に依頼する時に失敗するリスクを減らすための注意点は
外壁塗装の工事で実際にトラブルになる出来事。
外壁塗装を行うことのメリットについて
外壁塗装は費用対効果で選ぶべきもの
外壁塗装の悪徳業者の見極め方とは
外壁塗装の工期の目安はどれくらいか
外壁塗装はお試しサービスを利用しよう
マンションの外壁塗装を考える時の注意点
外壁塗装、優良業者の特徴を知って上手に選びましょう
外壁塗装でクーリングオフを利用する事は出来るか
外壁塗装を施し雨漏りを防いでいきましょう
外壁塗装を行う場合の坪単価はどこの程度なのか
外壁塗装の際に放つ臭いの対策方法
キャンペーンでお得だから契約するのは危険かも。外壁塗装の相場とは