外壁塗装を塗装会社に依頼する時に失敗するリスクを減らすための注意点は

外壁塗装を塗装会社に依頼する時に失敗するリスクを減らすための注意点は

外壁塗装会社の訪問営業が一社来ると違う会社の営業も訪問してくるようになります。彼らは家の外観を見て、塗装の塗り替えをするタイミングの家にしか訪問しないからです。自分も塗装のタイミングなのかなと考えている頃なので、下手をすると訪問営業の営業マンのいいように工事まで進んでしまい、工事後にクレームというケースが多々あります。そういうリスクを減らすためにも塗装を依頼する時の注意点は抑えておきたいです。

営業マンの人柄や対応が良さだけではわからない。

記事のイメージ画像

たまたま訪問してきた営業マンの人柄が良く親切そうだからという事で、工事までトントン拍子に進むケースは少なくはありません。外壁塗装に関しては、自分はその業界の経験も知識もなく不安な点も多いので、人柄の良く対応の良い営業に任せておけば、なんとなく安心感があるし、大丈夫だろうと思う年配の人はとても多いです。しかしここに失敗するリスクが潜んでいます。それは、工事を実際に施工するのはその営業マンではないからです。その訪問した営業マンが職人としてその現場の工事を施工するのなら話は別ですが、そうではありません。または、その営業が施工の管理をするわけでもありません。

実際に施工するのは塗装職人という事

実際に施工に関わるのは職人さんだと言う事を抑えておかないといけません。職人の技術の違いもありますし、その技術の違いで外壁塗装の工事のクオリティーは変わってしまうという事も注意点の一つです。そして会社の体制や考え方も、塗装をされるお客さんには影響を与えてしまいます。自分の会社で直接施工するのか下請けに全部まる投げなのか。自社に職人を社員として抱えているのか。という体制の違いや施工の方法、お客様対応や、アフターメンテナンスの方針などの考え方の違いそういったものがすべて、お客様の塗装の工事や、工事費用などに影響を与えてしまうという事も注意点として認識した方が良いです。

不安になるからこそじっくり考える事が必要

何も知らない分野に関しては、どうしても親切に優しく接してくれそうな人の言う事を聞きたくなります。それも金額が大きな支払いになる事に関しては不安になるので、余計にそういった傾向にあります。しかし、外壁塗装の訪問営業マンの多くが歩合性で厳しいノルマがあったり営業会社で塗装業とは関係ない会社に所属している事もあります。ですから一概に営業マンの話だけを信じるのはリスクがあると言えます。やはり工事の施工を請け負う会社か工事を実際に施工する職人さんがどういった考え方なのか、どういった人間性なのかが外壁塗装の工事の出来不出来に影響を与えて来ると考えておいた方が失敗のリスクを減らすためには良いです。

まとめ

外壁塗装の工事の失敗のリスクを減らすためには会社の体制や考え方をわかった上で検討していく事が大切です。ただ見積もりが安いからとか、営業マンの人柄が良いという事だけでは決めない事が塗装工事を失敗しない方法になってきます。不安だからこそ、じっくり腰を据えて考えて選びたいところです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

外壁塗装の業者の質は様々だから、選ぶポイントを知っておこう
外壁塗装の依頼は成功体験談を参考にしよう
自宅の外壁塗装を依頼した際の失敗談
外壁塗装を業者に依頼する場合の適性費用は
外壁塗装を依頼する業者探しは一括見積もりで
外壁塗装の施工にはどのような種類があるか
外壁塗装の必要性がわからない、判断に迷ったときにとるべき行動とは
外壁塗装業者選びでは、「保証」も重要なポイントです
せっかくの外壁塗装、家の色をツートンカラーにしたいときには
業者を見極める際に、外壁塗装の作業手順を知っておく事は有用です
外壁塗装の工事で実際にトラブルになる出来事。
外壁塗装を行うことのメリットについて
外壁塗装は費用対効果で選ぶべきもの
外壁塗装の悪徳業者の見極め方とは
外壁塗装の塗り替え時期はいつが良いのか
外壁塗装の工期の目安はどれくらいか
外壁塗装はお試しサービスを利用しよう
マンションの外壁塗装を考える時の注意点
外壁塗装、優良業者の特徴を知って上手に選びましょう
外壁塗装でクーリングオフを利用する事は出来るか
外壁塗装を施し雨漏りを防いでいきましょう
外壁塗装を行う場合の坪単価はどこの程度なのか
外壁塗装の際に放つ臭いの対策方法
キャンペーンでお得だから契約するのは危険かも。外壁塗装の相場とは