外壁塗装を考えた時に、外壁塗装の窓口をどこにしようか悩んだら

外壁塗装を考えた時に、外壁塗装の窓口をどこにしようか悩んだら

外壁塗装の窓口公式サイトはこちら!

新築の住宅を購入したり、建築して10年も経つと外壁の塗装の色合いもずいぶん落ちてきてそろそろ、外壁塗装をしないといけないかな。と考え始めると思います。外壁塗装の窓口となる会社は調べるといろいろ出てくるし、どこも言ってる事が似たりよったりなので、実際にどこに依頼したら良いか迷う事が多いです。


塗装の会社にも様々な形態がある

外壁塗装の窓口になる会社も様々な形態があり売りにしているポイントも会社によってそれぞれ違うので、外壁塗装の窓口がどのようなスタイルでやっているかでそれが自分達の考え方にあっているかどうかで決める事が大切です。大きな違いはその窓口の会社自体が塗装の職人さんを抱えているかどうかという違いになります。直接職人を抱えている会社は、塗装の工事をするのがその会社の人間なので、職人さん自体も会社の看板を背負っているという意識があります。接客や工事の対応に融通が効いたりします。工事の時の打ち合わせや変更など、工事が進んで直接に職人さんに言えば済む事などもあったりします。

塗装をする職人さんと会社との関係性

一方、完全に下請けの業者さんに依頼をする外壁塗装の窓口の会社では下請けの業者さんは、お客様からの直接の要望などを聞く事を嫌がります。何かお客様がやっぱりこうしたい。などの要望を直接職人に言っても窓口の営業に言ってください。と言われる事が多いです。下請けの業者なので、何か変な事をすると窓口の会社からの責任を問われるので、余計な事はしたがりません。最初の段階で下請け業者の単価は基本的に決まっている事が多いので、余計な手間と時間を取られる事は基本的に煩わしいのです。ですから、窓口の会社が大きくなればなるほど窓口の会社を通して職人さんに伝えるというちょっとした伝言ゲームになりがちです。

自分たちの工事のスタンスはどれが好みか

どちらの形態の外壁塗装の会社が良いかというのは依頼する人それぞれで違うと思いますし窓口の会社が提案してくる価格の安さや高さは、結局その会社が塗装の工期をどれだけ取り営業経費をどれだけかけて利益をどれだけとるかによって変わります。大きい会社であれば、高いわけでないですし、小さい会社であれば、安いわけではないです。とにかく早く安くやってほしいというお客様もいれば職人さんとコミュニケーションを取りながらやりたいという人もいます。自分の家の外壁塗装を頼む時には自分たちのスタンスとその窓口の会社のスタンスが合っているかどうかという事も考慮にいれてみると良いと思います。

まとめ

外壁塗装の工事を考える時、塗装の工期や金額や会社の大きさ、職人さんの技量だけではなく自分たちがどういうスタンスの塗装の会社を望んでいるのかという事も後悔しない塗装工事をする上では結構重要なポイントになります。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像